2016年11月10日(木)

 斉藤雅也氏をゲストに第一回定例研究会を開催

 2016年11月10日、首都大学東京秋葉原キャンパスにおいて、第一回クリマデザイン定例研究会が開催されました。大学研究者、設計事務所、ゼネコン設計部などから14名が参加。ゲストスピーカーは書籍『クリマデザイン』の共著者の一人である札幌市立大学の斉藤雅也氏。斉藤氏は「これからの建築は何を設け備えるべきか」というテーマで、ご自身の研究活動を通して現在考えていることを以下のような内容で述べられました。

 

・動物福祉と環境エンリッチメント 

・周壁面温度と夏・冬の快適温度領域

・札幌と熊本の季節感・想像温度の違い

・エクセルギー消費速度から快適性を捉える

・ヨーロッパの動物園と札幌市円山動物園

・感覚の受容体からみた温熱環境

 

 参加者の関心は高く、質疑応答が繰り返され、これからのクリマデザインを考えていくうえで有意義な集まりとなりました。

第一回定例研究会

Copuright@2016 A Study Group on Climadesign All rights reserved